FC2ブログ
FX

“駅鉄”の為のサイト

【画像29枚】石狩当別駅 | 鉄道駅訪問録 №137

北海道石狩郡当別町錦町
札沼線 石狩当別
Ishikaritobetsu01.jpg
石狩当別駅 - Wikipedia


2020/4/15、JR北海道公式プレスにて札沼線の廃止(最終運行日)を早めるとの決定が発表されました。
元々GWまでの5/6を廃止日としていましたが、最終定期運行を4/24まで繰り上げ、ラストランは4/27に沿線住民だけで行われるとう異例の措置です。
また、沿線町外からの訪問・乗車・撮影を自粛するよう呼びかけるという、これまた前例のない措置となりました。
…と思っていたら、翌日の4/16に、明日4/17に最終運行を繰り上げるという発表がありました。
新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が全国に出された為です。
史上初、史上最悪の廃線となってしまったように思います。誰もが新型コロナウイルスを恨んでいることでしょう…
是非とも当ブログで更新する札沼線の記事を見て少しでも雰囲気を味わって頂ければと思います。
もっとも、5/6の廃止に向けて記事を更新していき、廃止前には全、との考えでしたが、間に合うわけがないので、記事を書きながら札沼線の最後に思いを馳せることとします。

札沼線廃止区間…の前に、DC区間の始発となる石狩当別からご紹介します。
1934年、桑園~石狩当別間は「札沼南線」として開業しました。
ご存じの通り札沼線の「沼」は、現在の留萌本線石狩沼田駅の沼ですから、翌年1935年に桑園~石狩沼田間が全線開通となりました。
1944年からはおよそ二年間、石狩当別~石狩月形間は第二次世界大戦の影響で不要不急線となり運行を休止しました。
こういった背景からも、石狩当別は再び昔の終着駅だった頃のように戻るともいえますね。(今は医療大学駅がありますが)
電化されたのは割と最近の話で、2012年に桑園~北海道医療大学間が電化となりました。
末端区間廃止後は、いよいよ気動車も姿を消し、完全な電車のみが往来することになります。
この記事では駅の概要の他、気動車の姿をメインに撮影しています。
続きを読む から本記事です。
Ishikaritobetsu02.jpg
まずは浦臼行の発車案内を撮影。
普通の電光掲示板タイプが好みなのですが、石狩当別は残念ながらただの液晶画面です。

Ishikaritobetsu03.jpg
吹雪の中出発を待っている、浦臼行普通列車です。

Ishikaritobetsu04.jpg
ホームには雪が吹き込み、列車の前頭にはびっしりと雪が張り付いています。

Ishikaritobetsu05.jpg
浦臼⇔石狩当別の行先幕を撮影。

Ishikaritobetsu06.jpg
名標とキハ40で一枚。
この列車がこのに停まっている光景も見られなくなってしまいます。

Ishikaritobetsu07.jpg
前頭に行先が書いてあるので、側面のサボ受けには『学園都市線』の表示が車体に直接貼り付いています。

Ishikaritobetsu08.jpg
場面は変わり、一旦先程の浦臼行普通列車に乗車し、再び石狩当別に戻ってきました。
石狩月形行の表示は夜間しか見られない為、それを収めるためにこの日は石狩当別に宿を取りました。

Ishikaritobetsu09.jpg
ホームへ降りると40の姿は無く、両側に733系電車が停まっていました。

Ishikaritobetsu10.jpg
これからはこの電車のみの光景が当たり前となります。

Ishikaritobetsu11.jpg
3番線から札幌へ向けて電車が発車して行きました。

Ishikaritobetsu12.jpg
こちらが桑園方面です。
大きな架線柱が連なっています。

Ishikaritobetsu13.jpg
浦臼・新十津川方面の闇の中からキハ40がやってきました。

Ishikaritobetsu14.jpg
折返し石狩月形行きとなる列車です。
昼間見た時より一層こんもりと雪が付いています。

Ishikaritobetsu15.jpg
石狩月形⇔石狩当別の行先幕ももちろん収めました。

Ishikaritobetsu16.jpg
丁度エアポート編成とキハ40が並んだので撮影。

Ishikaritobetsu17.jpg
ここからは舎を見ていきます。
改札口を入ったコンコースです。

Ishikaritobetsu18.jpg
翌朝の写真ですが舎内部です。
自動改札、みどりの窓口完備です。

Ishikaritobetsu19.jpg
時刻表です。
「石狩月形方面」は今後「北海道医療大学方面」となります。

Ishikaritobetsu20.jpg
自由連絡通路です。

Ishikaritobetsu21.jpg
舎外観です。
橋上となったのは1994年のことです。

Ishikaritobetsu22.jpg
駅前ロータリーも広々としています。
しかし、夜は極めて静かです。

Ishikaritobetsu23.jpg
再び場面は変わり、翌朝の石狩当別駅です。
晩年には1日1往復のみとなった、新十津川行の表示を収めました。

Ishikaritobetsu24.jpg
昨日の雪もおさまり、澄み渡った空気の中キハ40が停まっています。

Ishikaritobetsu25.jpg
こちらは雪落としをしたのか、さっぱりとした顔も見ることが出来ました。

Ishikaritobetsu26.jpg
新十津川⇔石狩当別の行先幕。これで3種コンプリートです。

Ishikaritobetsu27.jpg
朝焼けと共に。

Ishikaritobetsu28.jpg
似たような写真はどこかで撮れるかもしれませんが、このホームで萌黄色と青色のラインはもう見られなくなります。

Ishikaritobetsu29.jpg
キハ40-402。札沼線で活躍した気動車たちはどこへ行ってしまうのでしょうか。



↓是非拍手をお願いします!↓
関連記事
[ 2020/04/17 00:54 ] 札沼線 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/514-61beb842

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ