FX

鉄道・iPhone・雑記など…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【画像26枚】(廃)信砂駅 | 鉄道駅訪問録 №100

北海道増毛郡増毛町大字舎熊村字信砂
留萌本線 信砂駅
Nobusha01.jpg
信砂駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その②

続いてご紹介するのは信砂駅です。
今回でついに記念すべき鉄道訪問録100目の駅となりました!!
特に最近は留萌本線の記事に対し多数のアクセスを頂き、モチベーションにつながっています!ありがとうございます!
次は200駅目を目指し、また更新頑張っていきますので宜しくお願い致します!
信砂駅は前回の舎熊駅から約800mという近距離に位置し、JR北海道管内で最短の駅間距離でした。
1993年に駅の場所が移設された為、比較的綺麗な板張りホームとなっています。
夕暮れの時間帯だったため、多彩な姿を撮影できました。
画像は続きからどうぞ。
Nobusha02.jpg
この付近のは国道沿いまたは国道から町道市道を少し入ったところにあることがほとんどですが、信砂駅だけは道道沿いにあります。

Nobusha03.jpg
前道路です。は踏切右側にあります。

Nobusha04.jpg
こちらが信砂駅です。

Nobusha05.jpg
道路側から見たホーム概観です。ホーム長は2両分はあります。


Nobusha06.jpg
踏切横から入ります。わずかに除雪されている細い道を通ります。

Nobusha07.jpg
ホームへは金属製の階段で上がります。

Nobusha08.jpg
舎はありませんが、待合室があります。

Nobusha09.jpg
待合室内部です。
つくりは他の駅とさほど変わりませんが、若干広く、清潔感もあります。

Nobusha10.jpg
津波避難情報。

Nobusha11.jpg
運賃表です。

Nobusha12.jpg
時刻表はこちら。

Nobusha13.jpg
留萌方面です。
県道の為車はそこそこ通るので、轍が目立ちます。

Nobusha14.jpg
舎熊・増毛方面です。

Nobusha15.jpg
ホームを裏から見るとこんな感じです。
両方を草原に挟まれた作りになっています。

Nobusha16.jpg
ホーム全景です。

Nobusha17.jpg
駅名表と一枚。

Nobusha18.jpg
板張りホームですが、点字ブロックが設置されている珍しい作りです。

Nobusha19.jpg
駅裏は遠くに山が見えますが、付近は草原です。

Nobusha20.jpg
日が暮れてくると、オレンジ色の電灯が付き、白い雪が色付きます。

Nobusha21.jpg
幻想的な風景が広がります。

Nobusha22.jpg
縦型で撮影。

Nobusha23.jpg
ローアングルで一枚。

Nobusha24.jpg
引きでもう一度。
構内に電灯が3つもあるとは、立派な設備です。

Nobusha25.jpg
北海道の夜は瞬く間に来ます。
日が沈むとまた違った姿になります。

Nobusha26.jpg
次第に天候は荒れ模様となり、信砂駅も吹雪いてきました。


最後に増毛行き列車を動画で撮影しました。
風雪の影響であまり上手く撮れていませんがご了承を…



↓是非拍手をお願いします!↓
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/12/09 00:00 ] 留萌本線 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/461-f5092ac9

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。