FX

鉄道・iPhone・雑記など…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【画像12枚】(廃)礼受駅 | 鉄道駅訪問録 №93

北海道留萌市礼受町
留萌本線 礼受駅
Reuke01.jpg
礼受駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その②

今回から数回にわたり、留萌本線廃線予定区間である、留萌~増毛間のを紹介していきます。
留萌から二のところにある礼受駅は、1980年までは木造駅舎があったようですが、現在は北海道でよくあるタイプのヨ駅です。
現在は廃止を目前とし多くの観光客が訪れているようですが、私が訪れた際はまだ廃止日は発表されていなかったので誰もいない駅を撮影することができました。
画像は続きからどうぞ。


深川から乗車した増毛行普通列車を見送ります。

Reuke02.jpg
舎熊・増毛方面です。

Reuke03.jpg
留萌・深川方面です。この辺りは日本海の海岸線に沿って線路が通っているため、を出ると緩やかなカーブを描き林の中へと消えて行きます。

Reuke04.jpg
ホーム側から見た舎です。舎直接縦型名標が取り付けてあります。

Reuke05.jpg
ホーム全景です。除雪されているの一部ですが、夏場は広いホームが見られそうです。

Reuke06.jpg
舎内部です。舎内が華やかな貨車駅もありますが、ここは最小限の設備があるシンプルな内装となっています。

Reuke07.jpg
時刻表・運賃表です。旭川方面に至っては廃止対象の駅とは思えない、6時代に始まり22時代に終わるという、実用性は十分なダイヤとなっています。

Reuke08.jpg
駅舎外観です。日本海からごく近いですが、小高い丘の上に駅があるので海抜は16mあります。
海風にさらされるため錆が目立ちます。

Reuke09.jpg
駅前風景です。冬は特に強い海風にさらされるため、防風壁がせっちされています。
二つの防風壁の間にある隙間が駅出入口です。

Reuke10.jpg
外側から駅を望みます。防風壁で駅の姿は全く見えません。除雪されているのも人一人分程度の通路です。

Reuke11.jpg
駅を出ると国道(オロロンライン)です。交通量はそこそこですが道路は滑りやすくなっています。
強い海風も相まって、冬場の車の走行はかなり注意が必要そうです。

Reuke12.jpg
しかしながら、日本海の雄大な海岸線をみることができる美しい場所です。


↓是非拍手をお願いします!↓
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/11/02 00:15 ] 留萌本線 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/454-d53f10c2

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。