FX

鉄道・iPhone・雑記など…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【惜別乗車】九州横断特急 別府~人吉 全区間 乗車記

特急九州横断特急」 乗車記】
TKE03.jpg
《参考リンク》
九州横断特急 - Wikipedia
JR九州公式 特急 九州横断特急

連日北海道旅行の記事を書き進めてまいりましたが、先に先日乗車した九州横断特急についての記事を紹介します。
この列車は日豊本線別府から、豊肥本線鹿児島本線肥薩線を経由し人吉へと至る特急列車です。
その総乗車時間は実に5時間に及び、JR九州では博多~宮崎空港を結ぶ「にちりんシーガイア」(約6時間)に次いで長時間走行する列車となっています。
運行経路と停車をGoogleMapで作成しました。

今回タイトルに惜別乗車としていますが、決して九州横断特急自体が廃止されるわけではありません。
2016年3月26日のダイヤ改正をもって、熊本~人吉間の運行が終了されるための全区間乗車です。
つまり以降は別府~熊本間のみの運行となり、全区間でも約3時間半ということになってしまいます。
また一日一往復、人吉~熊本間を同じ車両で走っていた特急「くまがわ」も廃止されます。
これについては時間の関係上撮影できませんでした。
九州横断特急は基本2両編成での運行となっており、珍しいワンマン特急(車掌が乗務しない)です。
というのも、規定として2両編成までであれば車掌がいなくとも運行できるというものがあるようです。
ダイヤ改正以後は3両編成での運行となり、車掌が乗務するようになります。
利用客の大半が熊本までの利用であり、さらに外国人旅行客の増加により自由席に立ち客が出る日も少なくないことから、このような改正に踏み切ったようです。
というわけで、別府から人吉まで乗り通しをしてきました。
この日は九州は記録的な寒波に見舞われあいにくの天気で、あまり写真写りがよくありませんが、次の日は雪の影響で運休となっていましたので不幸中の幸いだったと思います。
それでは画像は続きからどうぞ。

※各の訪問録はこの記事とリンクさせず、後日別個紹介します。

まず初めに、ダイジェスト的な意味も込めてYouTubeに動画をアップロードしました。
別府入線~別府発車内アナウンス~立野スイッチバック~折返し人吉発車 という内容になっています。

TKE01.jpg
まず始発別府での表示です。
九州横断特急人吉行きが見れるのも、2両編成が見れるのもあと僅かです。

TKE02.jpg
英語表記では、Trans-Kyushu Limited Express と、完全に英訳された表記になります。

TKE04.jpg
3番のりばに停車中の九州横断特急

TKE05.jpg
赤いボディにシンプルなツートーンの列車名が映えます。

TKE06.jpg
丸型の古代文字?的なフォントがこの列車のヘッドマークと言えます。

TKE07.jpg
もう見れなくなる人吉行きの幕。アップで撮影しておきました。

TKE08.jpg
両端にドアがある2ドアタイプです。指定席に乗り込みます。

TKE09.jpg
指定席は満席でしたので車内は軽く撮影。

TKE10.jpg
乗り通しの切符です。乗車券特急券一体型の学割で出しました。

TKE11.jpg
車内販売ももちろんありますが、弁当類は少ない(又は販売しない)ので、あらかじめ別府で買っておきました。
「山海三味」です。

TKE12.jpg
湯布院牛ととり天、海老などの寿司をメインに、おかずがいくつか入っています。
柚子胡椒がついており、これがどの寿司にも合います!非常に美味しかったです。

TKE13.jpg
車内では無料で台紙がもらえ、スタンプが押せます。
実は九州横断特急の乗車は3度目で、これもすでに一枚持っているのですが、せっかくなので頂きました。

TKE14.jpg
途中豊後荻駅で、行合の九州横断特急が遅れている為20分待ちとなりました。
ですが最終的には遅れは10分弱となっていました。

TKE15.jpg
ほどなくして九州横断特急のハイライトである阿蘇カルデラを通ります。

TKE16.jpg
やはりあいにくの天気で写りが悪いですが、雄大な景色を望むことができます。

TKE17.jpg
途中瀬田駅では、特急あそぼーい!と行違いを行いました。
あそぼーいはまだ一回も乗ったことが無い特急列車なので、いつかは乗ってみたいところです。

TKE19.jpg
立野のスイッチバックは見所ですので、最初のダイジェスト動画に撮っていますのでそちらをご覧ください。
阿蘇地区を抜けるとだんだんと市街地に入り、熊本駅へと至ります。
ここでほとんどの乗客は降車し、指定席もガラガラになりました。
やはり熊本打切は仕方ないのかな、と思わされました。

TKE20.jpg
ですが私的には球磨川沿いに走る九州横断特急が一番好きでした。
球磨川を望む区間は二度目の乗車です。
こちらは橋梁を渡っているところです。

TKE21.jpg
隣客も下車したので車内販売のコーヒーを買い一息つきます。

TKE22.jpg
曇りの日の球磨川もやはり迫力があります。

TKE23.jpg
晴れた日にはエメラルドグリーンに輝く球磨川を見ることができます。

TKE24.jpg
なんだかせき止めて変色している部分がありました。

TKE25.jpg
車内では無料で飴がもらえます。
昔かもめのグリーン個室に乗った時に一度もらったのですが、苦手なべっこう飴でした。
ですが今は変わったのか、普通にフルーツ味の飴でした。

TKE26.jpg
5時間の長旅を終え、終点人吉駅に到着しました。

TKE27.jpg
駅舎側1番のりばです。

TKE28.jpg
折返し九州横断特急別府行となります。
人吉駅で別府行が見られるのもあと僅かですし、肥薩線からも特急列車が消えてしまいます。
代わりに熊本まで快速列車が導入される予定です。

TKE29.jpg
跨線橋はなく直接線路をまたいでホームを渡る構造でしたので、顔を合わせ正面から撮影。

TKE30.jpg
向かいホームから一枚。

TKE31.jpg
最後にホーム端からズームして撮影。この後はダイジェスト動画にて出発を見送っていますのでご覧ください。

TKE32.jpg
折角ですので昨年の春たまたま撮影した九州横断特急を載せておきます。
球磨川の青、菜の花の黄色、そして緑、九州横断特急の赤がとても美しいです。
やはり晴れの日の方が断然良いですね。
撮影地は肥薩線海路駅~吉尾駅間です。

TKE33.jpg
上の写真撮影後精一杯のズームで川の向こうを走る九州横断特急をとらえました。


最後に、肥薩線球泉洞駅から利用した際に入線を撮影していた動画も載せておきます。



先週金曜日は更新ができず申し訳ありませんでした!
この後鹿児島に下り同じくダイヤ改正で廃止される川内エクスプレスにも惜別乗車として撮影してきましたので、それを次回ご紹介します。
また、31日から一週間ほど再び北海道を回ってきますのでまた更新が滞るかもしれません。
昨年の北海道旅行記も終わらないうちにまた北海道へ飛ぶとは思っていませんでしたが(笑)
写真は溜まっていくばかりですが、頑張って更新しますので、ご閲覧者の方々今後とも宜しくお願い致します!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2016/01/29 00:00 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/427-9b88ac4b

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。