FX

鉄道・iPhone・雑記など…

北海道旅行記 その⑥

hkd00.jpg

北海道旅行記六日目です。
過去記事をご覧になってない方はリンクよりどうぞ。
北海道旅行記 その①
北海道旅行記 その②
北海道旅行記 その③
北海道旅行記 その④
北海道旅行記 その⑤
【6日目】
2015/02/08 天候:晴のち曇時々雪

hkd01f.jpg
知床での朝です。到着が夜だったので見えませんでしたが、ホテルの客室からはオホーツク海、オロンコ岩が眼下に広がります。

hkd02f.jpg
港にはまだ流氷が押し寄せています。

hkd03f.jpg
朝食もバイキングです。
和洋好きなものをとりました。野菜がなかったり、汁物がかぶっているあたり栄養バランスはお察しです・・・(笑)

hkd04f.jpg
9:40発、私の旅程にしてはゆったり目の便で斜里へと戻ります。

hkd05f.jpg
知床斜里から釧路方面へ向かいます。
10:58発の快速しれとこに乗車です。日曜日だからか、満席になりました。

hkd07f.jpg
途中標茶に数分間停車したので、軽くを撮影。
標茶駅

hkd06f.jpg
12:51、第一の目的地茅沼駅に到着です。
釧網本線はゆっくり普通列車での旅になるので、あっという間にお昼になってしまいます。

hkd08f.jpg
茅沼駅釧路湿原の傍にあり、日本の特別天然記念物に指定されている「タンチョウ」が目の前まで飛来する駅として、多くの野鳥ファンや撮影家が訪れています。
茅沼駅

hkd09f.jpg
釧路湿原第二の湖であるシラルトロ湖の最寄駅であり、しばらく時間があるためその湖まで目指します。
駅前を走るこの道路は道道959号シラルトロ湖線で、僅か2.5km程の道道です。

hkd10f.jpg
道路脇には多くの白樺が見られます。

hkd11f.jpg
20分程で、道道の起点に到着。行き止まりです。

hkd12f.jpg
こちらがシラルトロ湖。完全に凍結し真っ白になっています。
展望の良い場所への道は閉まっていたので、林から覗く形になりました。

hkd13f.jpg
茅沼駅へ戻りました。
駅入口と反対側にタンチョウが飛来し、ホームからその姿を見ることができます。

hkd14f.jpg
タンチョウは漢字では「丹頂」と書きます。丹鳥ではないんですね。
1952年では北海道になんと33羽しか生息していなくいわゆる絶滅危惧種だったわけですが、様々な保護により現在では1000羽弱まで増えているようです。

hkd15f.jpg
ここからは観光列車「SL冬の湿原号」に乗車します。噴煙と汽笛を上げる勇壮な姿は圧巻です。
14:22発です。

hkd16f.jpg
車内はとてもレトロです。ただ残念なのは、4人ひとかたまりの座席しかない為、一人旅、二人旅の人は混雑時は相席になってしまう可能性があります。

hkd17f.jpg
流氷ノロッコ号同様、ストーブが設置されています。

hkd18f.jpg
14:55、次の目的地釧路湿原駅に到着です。SL冬の湿原号には30程の乗車でした。

hkd19f.jpg
釧路湿原駅はその名の通り釧路湿原のど真ん中にあります。
夏などのシーズンは観光客で賑わうようですが、シーズンオフである真冬は誰一人いませんでした。
その立地から、釧網本線一の秘境駅と言えるのではないでしょうか。
釧路湿原駅

hkd20f.jpg
道路には面しておらず、車道までは数分階段や山道を上らなければなりません。
もっとも夏はいいのでしょうが、冬はまともな除雪がされておらず階段は一歩間違えれば滑って転落の可能性があります。
冬に訪れる際はご注意を。

hkd21f.jpg
車道に出ると細岡ビジターズラウンジがあります。食事などもできます。
ですが今回は時間が無いので、釧路湿原を見渡せる細岡展望台の場所を聞いてダッシュで展望台へ。

hkd22f.jpg
こちらが細岡展望台です。あいにくの天気で見通しが悪いですが、晴れれば絶景が見渡せそうです。

hkd23f.jpg
かろうじて釧路湿原を駆け巡る川の姿が見えます。

hkd24f.jpg
再びダッシュで展望台を降りると、細岡ビジターズラウンジの方が「間に合いそうですねー!」と遠くから声をかけてくれました。
また時間があるときにお邪魔したいと思います!
ここから再び15:37発の普通列車に乗車し、釧路駅へ向かいます。


hkd25f.jpg
釧路駅には15:56着。あとは道央の方へ移動するだけなので、そそくさと乗換へ。

hkd26f.jpg
16:18発の特急スーパーおおぞらで一気に西へと戻ります。

hkd27f.jpg
そのまま宿泊先へ行くのももったいないので、途中の占冠村にあるトマム駅で下車。

hkd28f.jpg
着時刻は18:43着。スーパーおおぞらは駅を出るとすぐトンネルへと吸い込まれて行きました。

hkd29f.jpg
トマム駅は石勝線に属しており、その中でも一部の特急しか止まらないという駅です。(隣の占冠駅も同じく特急のみ)
普通列車が走っていない為、この区間であれば特急券無しで乗車できるのも特徴ですね。
星野リゾートトマムの最寄り駅であり、列車着に合わせてスタッフが待っています。
利用客は専用のバスに乗り込みリゾートホテルへと行ってしまいました。
駅周辺はそれ以外何もない為普通は星野リゾートの利用客でしょうから、当然スタッフからバスに乗らないのか聞かれました。
トマム駅

hkd30f.jpg
暫く構内の写真を撮っていると、暖房の効いた待合室があるのでよかったらどうぞと案内して頂いたので、長ーい跨線橋をわたり、このようは広々とした待合室で列車を待ちました。

hkd31fa.jpg
車両はスーパーおおぞらと同様ですが運行区間が短く停車駅の多いスーパーとかちに乗車し、宿へと向かいます。
20:24発です。

hkd31fb.jpg
途中石勝線のオサワ信号場に停車。
立派な駅名標がありました。

hkd32f.jpg
21:43、北海道の玄関口南千歳駅に到着です。
南千歳駅

hkd33f.jpg
列車を乗り換え、22:03発のL特急すずらんに乗車。

hkd37f.jpg
23:13、終点の室蘭駅に到着です。本日はここに泊まります。
室蘭駅

hkd34f.jpg
室蘭は地球岬(チキウ岬)や測量山などの観光スポットがあるので、一度ちゃんと観光してみたいです。

hkd35f.jpg
写真中央奥の小さなホテルが本日の宿です。

hkd36f.jpg
すっかり遅くなってしまったので、ローソンで北海道限定の帯広名物豚丼を購入し、夕食を食べ眠りにつきました。

再び各駅の訪問録を更新し、次回の旅行記は道南へと入ります。
もう少し北海道の記事が続きますので、どうぞよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/12/15 00:00 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/419-e8ca1a39

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ