FX

鉄道・iPhone・雑記など…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【画像30枚】丸瀬布駅 | 鉄道駅訪問録 №66

北海道紋別郡遠軽町丸瀬布水谷町
石北本線 丸瀬布駅
Maruseppu01.jpg
丸瀬布駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒北海道旅行記 ⑤

このは、遠軽町で二番目に栄えているといえる丸瀬布地区にあるです。
地区を国道が横断しており、主に住宅地が広がります。
特急停車ですが、無人駅です。
待ち時間が長かった為割と画像多めです。続きからどうぞ。
Maruseppu02.jpg
タクシーで到着すると、間もなくして普通列車が入線してきました。
ここからは特急で網走方面を目指すためお見送り。

Maruseppu03.jpg
まずは舎内です。舎改築は2000年だそうで、とても清潔感があり、木を多く利用したり大きな窓から光を取り込んだりと、開放感のある空間となっています。

Maruseppu04.jpg
舎の大部分は丸瀬布地区の生涯学習施設となっており、その一部が待合室になっているという感じです。自販機も完備。

Maruseppu05.jpg
特急停車の為、普通列車と特急列車が半々といった時刻表になっています。

Maruseppu06.jpg
舎外観です。無人とは思えない立派さですが、駅施設としては右の1/7程度です。

Maruseppu07.jpg
バス路線は、丸瀬布とマウレ山荘を結ぶ町営ローカルバスと、遠軽町の中心地とを結ぶ高速バスが停車します。
鉄道と合わせれば結構な便数なので、割と利便性はよさそうです。

Maruseppu08.jpg
駅前すぐは特に目ぼしい施設はなく、奥に見える国道の方が中心地となります。

Maruseppu09.jpg
丸瀬布駅舎の右端に、雪を掻き分けた小さな駅の入口があります。
こうしてみると、確かに駅舎は間借り程度だということがよくわかります。

Maruseppu10.jpg
駅舎右側を進むとこんな感じで直接ホームへ上がります。

Maruseppu11.jpg
ホーム端からローアングルで。

Maruseppu12.jpg
遠軽・網走方面です。

Maruseppu13.jpg
網走方面から見たホーム全景です。

Maruseppu14.jpg
駅裏側は、葉の落ちた木が乱立しています。

Maruseppu15.jpg
ホーム上にも、木製の小さな待合室があります。
生涯学習館と合わせれば十分すぎる容量ですね。

Maruseppu16.jpg
ホームから見た駅舎です。
手前の文字は、“SLと昆虫のまち丸瀬布”と書いてあります。

Maruseppu17.jpg
先程の待合室内部です。

Maruseppu18.jpg
ホーム上に立つ名所案内です。

Maruseppu19.jpg
こちらは、上川・旭川方面です。

Maruseppu20.jpg
駅名標とホーム。

Maruseppu21.jpg
旭川方面を駅名表と。

Maruseppu22.jpg
さらにローアングルで撮影。

Maruseppu23.jpg
駅舎側から見たホーム全景です。

Maruseppu24.jpg
駐輪場とみられるものもありますが、除雪されておらず何台か埋まってしまっていました。

Maruseppu25.jpg
時間があったので、国道側を覗いてみました。

Maruseppu26.jpg
国道遠軽側です。

Maruseppu27.jpg
昼食はセイコーマート丸瀬布店で買い、駅舎内で摂りました。
セイコーマート好きです。

Maruseppu28.jpg
国道上川方面です。

Maruseppu29.jpg
国道から見た丸瀬布駅

Maruseppu30.jpg
停車中の特急オホーツク号です。
何故か乗車した臨時特急の流氷特急オホーツクの風の入線を撮影していないという…(笑)
車内や網走駅での車体などは撮影していますので、そのあたりは旅行記をご覧ください!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/27 00:00 ] 石北本線 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/415-fe18e759

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。