FX

鉄道・iPhone・雑記など…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【画像14枚】(廃)下白滝駅 | 鉄道駅訪問録 №65

北海道紋別郡遠軽町下白滝
石北本線 下白滝駅
Shimoshirataki01.jpg
下白滝駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒北海道旅行記 ⑤

このは、上白滝から紹介してきました白滝の名を冠するで最も東(遠軽)側にあります。
山に挟まれた田園地帯の中心にポツンと存在します。
白滝の名を冠する駅の中では、最も人家が少なく、秘境駅の先駆者である牛山氏の秘境駅ランキングでは、上白滝・旧白滝よりも上位に位置付けられています。
画像は続きからどうぞ。
Shimoshirataki02.jpg
様々な材質が入り混じった、補強を重ね豪雪に耐えてきた舎です。
丸ゴシックの文字が目立ちます。

Shimoshirataki03.jpg
前から国道側を望みます。雪で固まっていますが、前道路は未舗装路とのことです。
人家は人の気配が無いものもあります。

Shimoshirataki04.jpg
遠軽・網走方面です。
ホームは二面あり、長さもなかなかのものです。

Shimoshirataki05.jpg
上川・旭川方面です。

Shimoshirataki06.jpg
ホームの大部分は高く雪が積もっています。

Shimoshirataki07.jpg
裏側は田畑のみで、誰も踏み入れていない美しい銀世界が広がっています。

Shimoshirataki08.jpg
全景です。

Shimoshirataki09.jpg
名表と駅舎。

Shimoshirataki10.jpg
ホーム側から見た駅舎は、昔からの木造駅舎の姿を見ることができます。

Shimoshirataki11.jpg
駅舎内部はちょっと無機質な感じ。北国では心強い駅舎です。

Shimoshirataki12.jpg
白滝・旧白滝と同様、本数もごくわずかです。

Shimoshirataki13.jpg
最後に駅舎入口を。きっと、もっと長く使われることを見越しての補修だったのでしょう。廃止は非常に残念です。

Shimoshirataki14.jpg
タクシーの運転手さんに待ってもらっているのであまり長居はできませんでした。
特急の止まる丸瀬布へ向かうため、白滝の地を後にしました。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/20 00:00 ] 石北本線 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/414-9f776c1c

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。