FX

鉄道・iPhone・雑記など…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【画像16枚】白滝駅 | 鉄道駅訪問録 №63

北海道紋別郡遠軽町白滝
石北本線 白滝駅
Shirataki01.jpg
白滝駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒北海道旅行記 ⑤

このは、秘境の地白滝の中の中心地と言える場所に位置するです。
廃止されてしまう上白滝・旧白滝・下白滝の間に挟まれ存在しており、白滝地区で唯一生き残る、住民にとっては貴重なとなります。
今回は上白滝から徒歩で訪れ、そのまま徒歩で駅を離れました。
画像は続きからどうぞ。
Shirataki02.jpg
県道側から舎を望みます。

Shirataki03.jpg
前です。小さな銀行が一軒あります。

Shirataki04.jpg
農業用倉庫などが点在しています。

Shirataki05.jpg
白滝地区は白滝ジオパークとして、地質に関心のある人々には人気があります。

Shirataki06.jpg
舎は時計台風の作りになっており、大自然にも溶け込みます。

Shirataki07.jpg
ホームは二面三線です。二番のりば側にも小さな待合室が設置されています。

Shirataki08.jpg
上川・旭川方面です。和刈別やチトカニウシ山などの雄大な山々が望めます。

Shirataki09.jpg
遠軽・網走方面です。

Shirataki10.jpg
名標と構内で一枚。

Shirataki11.jpg
舎の屋根から垂れている氷柱が、朝陽に輝きます。

Shirataki12.jpg
運賃表です。今後は白滝と上川・丸瀬布が隣となります・・。

Shirataki13.jpg
本数は朝と夕方にそこそこあります。特急オホーツクも一部停車します。
しかしながら始発は7時代、終電は20時代ということで、聊か行動は制限されそうですね。
なぜか時刻の欄に深夜1時2時代まで書いてあるのか謎です。

Shirataki14.jpg
駅舎の待合室内には、ジオパークのアクセス駅らしく岩石などが展示されています。
しかし左側には名産品でしょうか、缶詰がならんでいます・・・絶妙にシュールです。

Shirataki15.jpg
奥側のドアがホームへのドアです。待合室にも別に扉があるのでそこそこ保温性があります。

Shirataki16.jpg
利用客の少なさ虚しく、待合室の収容人数は結構なものです。
テーブルもあるので、列車の待ち時間の間ゆっくりできそうですね。




さて、余談ではありますが、本日より更新日を『毎週金曜日』と『各月第一・第三火曜日』に決めました!
こうでもしないと更新が捗らないもので・・・
これでも少しローペースですが、余裕があるときは出し惜しみせず定期更新日以外にも更新する場合もあると思います。
そういえば、今年の八月もブログ開設6周年のお知らせを忘れておりました・・・笑
意外とブログ自体は長く続いております!今後とも宜しくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/13 17:59 ] 石北本線 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/412-229ed2de

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。