FX

鉄道・iPhone・雑記など…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北海道旅行記 その③

hkd00.jpg

北海道旅行記三日目です。
過去記事をご覧になってない方はリンクよりどうぞ。
北海道旅行記 その①
北海道旅行記 その②
【3日目】
2015/02/05 天候:晴

hkd01c.jpg
この日はとても早起きでした。
まだ眠りから覚めない町を歩き、早朝の幌延より乗車します。
幌延駅

hkd02c.jpg
6:15発、幌延始発の快速なよろ旭川行きです。乗客は全くいませんでした。

hkd03c.jpg
本日最初の目的、秘境駅である豊清水駅に7:54到着です。
北海道でも特に寒い地域の早朝は、噴煙を見てわかるような厳しい寒さです。
豊清水駅

hkd04c.jpg
この日も非常によい天気です。朝に訪れる秘境駅は格別です。

hkd05c.jpg
40分程滞在し、8:38発の稚内行きに乗り込みます。

hkd06c.jpg
8:52着、音威子府駅で下車です。
目的はもちろん、有名な駅そばです!
音威子府駅

hkd07c.jpg
…と思っていたら、なんと臨時休業でした・・・
駅員さんに聞いたら、蕎麦屋さんは風邪で休みなのだそう。
ある意味凄い確立にあたってしまいました。

hkd08c.jpg
時間が余ってしまったので、駅周辺を散策します。
こちらは道の駅で、音威子府そばを食べられる数少ない店があるのですが、ここは定休日という重ねて運の悪さ…

hkd09c.jpg
その向かいには、音威子府橋があります。

hkd10c.jpg
村を通る有名な天塩川は、凍ったうえに厚い雪が積もり、一面の銀世界が広がります。

hkd10-2c.jpg
そばは食べることができなかったので、音威子府駅そばと同じ畠山製麺さんにて乾麺とあの独特な真黒なそばつゆのセットを購入。帰宅後に美味しく頂きました。

hkd10-3c.jpg
10:58発、ここからは特急スーパー宗谷1号に乗車し一気に北上します。
いつかまた、駅そばを食べに訪れたいですね。

hkd11c.jpg
12:53、終点稚内駅に到着です。
稚内駅

hkd12c.jpg
稚内駅は言わずと知れた日本最北端の駅です。日本最東西南北端の駅を訪れたのは何気に初めてです。

hkd13c.jpg
駅前すぐのバスターミナルより、宗谷バス市内線ノシャップ行きに乗車し、稚内市の北西のノシャップ岬を目指します。

hkd14c.jpg
終点のノシャップに到着しました。ノシャップ岬は漢字では「野寒布岬」とも書きますが、地名などは全てカタカナのようです。バス転回場は無駄に広く、凍結しているためスケートリンクのようです。

hkd15c.jpg
小さなバス停標です。海風にさらされ劣化が見られます。

hkd16c.jpg
ノシャップ2丁目交差点。

hkd17c.jpg
ノシャップ会館と周辺案内標識。

hkd18c.jpg
ノシャップ岬に向かう途中、野良猫に遭遇しました!

hkd19c.jpg
冷たい雪の上でも元気です。九州の猫に比べて毛も長く、モコモコしてます。

hkd20c.jpg
民家の奥の方から何か視線を感じると思ったら…
海岸に魚でも打ち上げられるのでしょうか。

hkd21c.jpg
さて、バス停から数分でノシャップ岬に到着しました。
イルカのオブジェがある岬前の広場もまた、凍結して滑りやすくなっています。

hkd22c.jpg
木製に手書きのノシャップ岬の看板です。

hkd23c.jpg
美しい北の海原には、白い鳥が優雅に飛んでいました。
あまり詳しくないので、この鳥の名前わかる方はコメント下さい。

hkd24c.jpg
残り時間で、ノシャップ岬のすぐ傍にあるノシャップ寒流水族館に寄りました。
ゴマフアザラシです。

hkd25c.jpg
微動だにしないペンギン達。

hkd26c.jpg
ドクターフィッシュは実際に手を入れることができます。
人が誰もいなかったので貸し切り状態でした。

hkd27c.jpg
おびただしい数のエビ。天然のエビフレームができています!

hkd28c.jpg
この後は宗谷岬にも行くため、頃合いを見てノシャップを後にします。
再び宗谷バス市内線に乗り、一度稚内市の中心地へと向かいます。

hkd29c.jpg
潮見地区で下車し、ちょっと遅い昼食を取ります。
時間がないためマックで済ませます。

hkd30c.jpg
ですがただのマクドナルドではありません。
日本最北端の店舗で、それを示す碑と、氷点下の中座っているピエロが・・・

hkd31c.jpg
ここまで少しバタバタしたためバス撮影などはしていません。
事前に日の入りを調べていたはずなのですが、予想外に日が落ちるのが早く、宗谷岬に着いた時点でこの暗さでした。

hkd32c.jpg
ですがこれもまたいい景色です。間宮林蔵の像が非常にかっこよく映っています。

hkd33c.jpg
ついに日本最北端の地に足を付けました!
海の向こうはロシアのサハリン州。非常に感慨深いものがあります。

hkd34c.jpg
ロシアとの位置関係図を示す石板があります。

hkd35c.jpg
宗谷岬の歌碑です。

hkd36c.jpg
17時半頃の宗谷岬から見たオホーツク海は、ゾッとするほどの闇に包まれています。

hkd37c.jpg
海風に吹かれ非常に寒い宗谷岬ですが、きちんとトイレも完備され、入口には自動ドアで密閉されるのである程度寒さを凌げます。

hkd38c.jpg
稚内方面の宗谷バス天北宗谷岬線の宗谷岬停留所です。
他に2,3人程乗客がいました。

hkd39c.jpg
稚内駅行きのバスが到着しました。

hkd40c.jpg
浜頓別から宗谷岬を経由し稚内駅へと至る、正真正銘日本最北のバス路線です。
17:46発、すっかり日の落ちた宗谷岬を後にしました。

hkd41c.jpg
夜の稚内駅は、静かですがとても明るい雰囲気で、落ち着く空間となっています。
ですが注意点として、稚内駅周辺の銀行は全て18:00にはATMもろとも閉まってしまうので、お金が下せなくなります。
セイコーマートもATMなしの店舗しかなく、本当に出金する手段がないので事前にお金は十分持っておく必要があります。

hkd43c.jpg
駅周辺の道路標識には、英語と併せてロシア語が表記されている珍しい光景が見れます。
確かにロシアは近いですが、ロシア人観光客が多いとはあまり思えないのですが、どうなのでしょう。

hkd42c.jpg
本日の宿泊地、ドーミーイン稚内です。

hkd44c.jpg
ドーミーインでは、宿泊プランに関係なく、夜食の時間帯に無料で夜鳴きそば(しょうゆ味のラーメンのようなもの)が振る舞われます。極北の地で食べる暖かなラーメンは、格別なものがありました。
翌日は再び南下し、旭山動物園を観光します。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/03/24 01:17 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/400-b701739b

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。