FX

鉄道・iPhone・雑記など…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

北海道旅行記 その①

hkd00.jpg

先日、極寒の北海道へと8泊9日で旅をしてきました!
上野から寝台特急カシオペア号に乗車し、北海道をぐるっと一周するというなかなか濃いプランです。
一日毎に記事にしていきたいと思いますので少々長くなりますが、気長にお付き合い下さい。
それでは、淡々と綴っていきたいと思います!
【1日目】
2015/02/03 天候:晴

hkd01aa.jpg
こちらは出発前に撮影した二名分の全切符。北海道フリーパス利用ですが指定席券などがあるため結構な枚数です。

hkd02a.jpg
福岡空港11:55発のスカイマーク010便で羽田空港へと飛びました。この間カメラはバックパックに収納していたので写真はありません。羽田空港には13:25着、ここから東京モノレールで浜松町へと向かいます。
羽田空港第1ビル駅

hkd03a.jpg
浜松町に到着。何気に東京モノレールは初乗車だったので、乗りつぶしに若干貢献。
ここではそそくさと山手線に乗り換え、上野へ向かいます。
浜松町駅

hkd04a.jpg
上野駅は福岡県民からしたらかなり広く、結構歩いた記憶が… しかしながら東京に対して過剰な心配をしていたので、乗換には1時間以上あるため余裕でした。
上野駅

hkd05a.jpg
ありました、寝台特急カシオぺア!胸が高鳴ります。

hkd06a.jpg
上野駅では人気が少ないほうの13番のりば。奥に見えているのが…

hkd07a.jpg
ついに出会えました、寝台特急カシオペア号!
最後尾の車両は展望車のスイートルーム。羨ましい!!

hkd08a.jpg
なかなかごつい銀色の金属感あふれる車体に、5色のラインが映えます。

hkd09a.jpg
乗車するのは6号車です。
ここでシャワーカードをまずは購入しなければいけないのを忘れていて、慌てて三号車へシャワーカードを購入しに行きました。

hkd10a.jpg
今回の個室は、6号車2番の車端室のカシオペアツイン。平屋タイプのこの個室は、2階構造の部屋と比べて天井が高く開放感があるのが特徴です。

hkd11a.jpg
個室はこんな感じです。十分な解放感です。

hkd12a.jpg
液晶では音楽が流れるラジオの他、現在地がわかるナビのような機能もついています。

hkd13a.jpg
トイレは全ての個室についています。便器上に見える切れ目を下げると、洗面台が出てきます。

hkd14a.jpg
始発での案内表示です。各駅に止まる前に、その都度案内が表示されます。

hkd15a.jpg
発車前の上野駅を眺めます。

hkd16a.jpg
コントロールパネルには、室内灯の入切と明暗の操作、エアコンの風量と暖房の強さ、アラーム設定ができます。
冬場は静電気が起きやすい材質なので、嫌な人は対策を。

hkd17a.jpg
列車案内のパンフレットです。持ち替えり可です。

hkd18a.jpg
少しだけ周辺を散策。シャワー室は運よく部屋の真隣でした。

hkd19a.jpg
通路はこんな感じ。かなり狭いので、譲り合いが大事です。

hkd20a.jpg
途中にあるミニロビー。終始人の姿を見ませんでしたが、個室と同じような椅子があるだけなので利用価値はあまりなさそうです。

hkd21a.jpg
部屋に戻ると、ウェルカムドリンクを頂きました。緑茶かオレンジジュースだったと思いますが、私は暖かい緑茶をチョイス。
全ての個室にウェルカムドリンクがついているのは、カシオペアならではの接遇です。

hkd22a.jpg
同時に翌朝のモーニングドリンクチケットを貰いました。一枚につき一杯、コーヒーなどのドリンクと引き換えることができます。

hkd23a.jpg
シャワーカードはこちら。車体カラーをそのまま採用したデザインです。
人気な20時からの一時間を取ることができました。

hkd24a.jpg
カシオペアは上野駅16:20発なので、少し載っていると冬季はすぐ日が落ちてきます。

hkd25a.jpg
18:00、予約していたカシオペアデラックス弁当が部屋へ届けられました。
包装もしっかりした風呂敷のようなもので、記念に持ち帰りました。

hkd26a.jpg
三段重にお吸い物がついています。お吸い物はホットドリンクに変更もできるそうです。
北海道の形に切られた昆布には感心しました。参考のためにお品書きの全品目を記しておきます。
一の重:キングサーモン塩焼、玉子焼、海老煮、イカ照焼、笹蒲鉾、帆立雲丹ソース焼、蟹磯辺揚、アスパラガス天ぷら、海鮮麹漬、くるみ豆腐、田楽味噌、くるみ甘露煮、ずんだ団子
二の重:北海道産じゃが芋のキッシュ、森林どりのマッシュルームソース、ブロッコリー、赤パプリカ、タコマリネバジル風味、ハタハタ南蛮漬、若布酢茗荷二色パプリカ、煮物(春雨巾着、玉蒟蒻、筍、人参、蕗、生麩)
三の重:蟹いくら寿司、錦糸玉子、北海道昆布

hkd27a.jpg
あたりはすっかり暗くなりました。スタンドなしでシャッタースピードを遅くして撮ったら謎の写真が…(笑)

hkd28a.jpg
乗車している車両に車内販売員が来ると、音と案内表示で知らせてくれます。

hkd29a.jpg
20:00になり、シャワー室へ。とても狭いです。
お湯が出るのは6分間で、青ボタンでお湯を出して赤ボタンで止めます。右には残り時間が表示されています。
短いように感じますが、実際使うと十分すぎる長さです。

hkd30a.jpg
更衣室に、カード挿入口があります。シャワー室内は非常に暑く、汗が出ます。

hkd31a.jpg
丁度シャワーから戻った頃に、アイスクリームを持って販売員が来たので購入。
寝台列車で食べるアイスは一味違います。

hkd32a.jpg
23:00からは食堂車にてパブタイムが始まります。
席数が限られていて予約もできないので、スムーズに利用したいなら並ぶ必要があります。
私が行ったのは23:05くらいだったと思うのですが、満席で20分は待った上、相席となりました。
まぁラストオーダーに間に合っただけ良しとします。

hkd33a.jpg
注文したのはソーセージ盛り合わせと赤ワイン。マスタードを付けて頂きます。
これも北海道産だそうで、非常に美味しかったです。赤ワインは辛口な方です。

この後しばらくは部屋を暗くして流れる車窓をぼーっと眺めて、眠りにつきました。非常に穏やかで、贅沢な夜です。
カシオペアの朝は、また次の記事でご紹介します。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/02/15 01:34 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/391-1225375b

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。