FX

鉄道・iPhone・雑記など…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【画像13枚】Bahnhof Eigerwand(アイガーヴァント駅) | 鉄道駅訪問録 №46

Eigerwand Grindelwald, Bern, Switzerland
ユングフラウ鉄道Bahnhof Eigerwand(アイガーヴァント駅)
eigerwand01.jpg
Eigerwand railway station - Wikipedia


ユングフラウ鉄道一駅目の紹介です。
直訳で「アイガーの壁」というこのアイガーヴァント駅は、その名の通りアイガーの切り立った絶壁の内部に存在するトンネル駅です。クライネ・シャイデック方面の列車は全て通過し、ユングフラウヨッホ方面の列車が観光用に5分程停車します。その為、当然駅から出ることはできず、地図にも記載されていません。
もし観光目的の駅でなければ、隣のアイスメーア駅と併せて、恐らく世界一の秘境駅といっても過言ではない、非常に険しい場所に存在します。
画像は続きからどうぞ。
eigerwand02.jpg
ユングフラウ鉄道内部です。ご覧の通り満席で、席を取ることができませんでした。
するとおもむろに車掌に話しかけられ…

eigerwand03.jpg
言葉はわからず、そのままついていくと、なんと運転手の横の車掌席のような場所へ入れてくれました!!!!
これにはスイスのホスピタリティの心に感服させられ、本当に感動しました。
運転手に軽く挨拶をして、列車が動き出しました。

eigerwand04.jpg
意図せずして乗車した特等席からの眺めは最高です。大部分をトンネル内を走るユングフラウ鉄道ですが、一味違う楽しみ方ができました。一眼レフのシャッタースピードを遅くして撮影したら謎のスピード感のある画像が撮れました(笑)

eigerwand05.jpg
クライネシャイデックの次駅のアイガーグレッチャー駅では降りませんでした。
今回紹介するアイガーヴァント駅です。
こちらはユングフラウヨッホ方面で、ホームは長いですが途中からは立ち入りできないようになっています。

eigerwand06.jpg
降車しない人もいるようですが、かなりの人数が一気に駅に降ります。

eigerwand07.jpg
ホームから内側に入ると、展望台となっています。岩壁に窓を開けた形です。

eigerwand08.jpg
周辺の緑豊かな山々を一望できます。

eigerwand09.jpg
横を見れば、アイガー北壁を見ることができます。
絶壁の真っ只中に駅があることが良く分かります。

eigerwand10.jpg
下を見ても、もちろん絶壁です。

eigerwand11.jpg
左側には、上ってきた線路とクライネシャイデック駅が見えます。

eigerwand12.jpg
人が少なくなってきました。置いて行かれる前に乗車します。
ですが、時間があれば一人残って駅を独り占めするのも一興…(笑)

eigerwand13.jpg
まるで指定席のように乗務員室に入り(笑)、次のアイスメーア駅へと向かいます。


次のアイスメーア駅も構造的にはこの駅と同じですが、また違った景色が楽しめます。
しかしながら先ほど述べたように、あえて乗車しないで一人この駅に留まることを夢見ています…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/01 17:00 ] JB(ユングフラウ鉄道) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/385-1e4bfa38

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。