FX

鉄道・iPhone・雑記など…

【画像14枚】瀬戸石駅 | 鉄道駅訪問録 №7

熊本県八代市坂本町川嶽瀬戸石
肥薩線瀬戸石駅
setoishi01.jpg
瀬戸石駅 - Wikipedia


この熊本県にある秘境駅のひとつです。
球磨川のほとりにある集落のための小さなです。
前回紹介した赤瀬駅と同じ日に18きっぷで訪問しました。
天候は晴/曇りです、画像は追記からどうぞ。
setoishi02
今回乗った車両は、福岡でいう筑豊本線原田線と同じタイプの車両でした。
典型的なローカル線のワンマン一両です。

setoishi03.jpg
人吉・湯前方面です。ホームは縦にも横にも広く、広大なホームとなっています。

setoishi04.jpg
八代・熊本方面です。
使われなくなった部分に生えた雑草が、かつて長大編成が走っていたことを物語っています。

setoishi05.jpg
ホーム全景。

setoishi06.jpg
瀬戸石駅には小さいながらしっかりとした木造待合室があります。

setoishi07.jpg
内部はこんな感じです。木のぬくもりを感じ、とても落ち着ける雰囲気です。

setoishi08.jpg
本数は極端に少ないわけではないですが九州ではかなり少ない方。列車での訪問はよく考えなくてはなりません。
あと、お前iPhoneで撮ってるだろ映ってるぞ!とか言わないで下さいね(笑)
カメラ買うお金などありません(笑)

setoishi09
待合室奥には、倉庫のようなスペースがありました。時々職員が清掃しているのでしょう。

setoishi10.jpg
平成三年元旦、と書いてあります。現在はもう出されていないのでしょうか。

setoishi11
出入口です。前に一軒民家があります。

setoishi12
かつてこのだだっ広いアスファルトの前広場にも、舎がありました。
しかし球磨川の水害の猛威を2度も受け、遂には舎が建てられることも無くなってしまいました…

setoishi13
駅を出ると壮大な球磨川が流れています。流石、絶景です。

setoishi14.jpg
駅対岸に集落があり、そこにたどり着くためには遠くにある橋を渡らなければなりません。
その為、つい昨年まで渡し船が運航されていました。
しかし利用者減少と船頭の高齢化により、廃止されてしまいました。
その名残として、朽ち果てた渡し船が対岸に残っていました。感慨深いものがあります。


美しい球磨川を望め、ゆったりとした時間の流れる駅でした。
いつか、この先にある海路駅や真幸駅なども行ってみたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2013/04/30 09:51 ] 肥薩線 | TB(0) | CM(2)
ということは瀬戸石ご存知でしたか!
この地域一帯素敵だと思います。
[ 2013/04/30 12:59 ] [ 編集 ]
姿が映っていますね(笑)
瀬戸石とてもいいところですよね。
待合室もいい感じです。
[ 2013/04/30 11:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kawakohome.jp/tb.php/309-0615d326

Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ