FC2ブログ
FX

“駅鉄”の為のサイト

【画像55枚】(廃)古瀬駅 | 鉄道駅訪問録 №134

北海道白糠郡白糠町和天別
根室本線 古瀬
FuruseA01.jpg
古瀬駅 - Wikipedia


2020年3月13日を最終営業日として廃止される二つ目のです。
古瀬は開業時は仮乗降場で、JRになった際に旅客となったパターンの駅です。
このパターンの駅には特にレベルの高い秘境駅が多く、この駅も例外ではありません。
信号機のある停車場であるため構内は広く、かなり離れた位置に千鳥式にホームが配置されています。
駅周辺には民家は全くありません。徒歩10分くらいのところに牧場があるのみです。
駅への道も大きめの道路から分岐しているため、ホーム上からの景色はひたすら広がる森です。
個人的に昔から訪問を憧れていた駅の一つでもあります。
2019年2月と、2020年2月の二度訪問しましたが、後者の方が明るい時間帯の訪問なのでそちらをメインに紹介します。
前者は記事の後半でいくつか写真を紹介します。
続きを読む から本記事です。
[ 2020/03/13 01:25 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像19枚】(廃)南弟子屈駅 | 鉄道駅訪問録 №133

北海道川上郡弟子屈町熊牛原野
釧網本線 南弟子屈
Minamiteshikaga01.jpg
南弟子屈駅 - Wikipedia


夕張支線の廃駅たちを細々と更新中でしたが、急遽ダイヤ改正直前に今回廃止となるの記事を割り込みます。
1目は、2020/3/13を最終営業日として廃止となる、釧網本線南弟子屈駅です。
先日道東を襲った豪雨の影響で、最終営業日を列車が来ない状態で迎えてしまう、なんとも悲しい最後となってしまいました。
1992年までは業務委託、簡易委託と変遷があったものも有人駅でしたが、それから今まで20年超、無人駅でした。
車掌車改造のいわゆるヨ駅で、その名の通り弟子屈町の南方に位置しており、辺りは数軒の住宅と小さな個人経営の宿があるのみで、原野の中に佇む秘境駅です。
1990年に隣の弟子屈駅が摩周駅に改称したことにより唯一弟子屈町の町名が付く駅でしたが、今回の廃止で弟子屈の名は姿を消すことになります。
また、ほとんど停車することで有名な快速しれとこ摩周号の通過駅だったため、快速が通過する駅は遂に細岡と南斜里の2駅のみとなってしまいます。
2019年11月の訪問です。夜間の訪問の為写真枚数は控えめですが、廃止発表からすぐ行ったこともあり、終始独占状態で秘境駅の醍醐味を味わえました。
続きを読む から本記事です。
[ 2020/03/12 21:12 ] 釧網本線 | TB(0) | CM(0)
Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ