FX

鉄道・iPhone・雑記など…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【画像21枚】(廃)美々駅 | 鉄道駅訪問録 №114

北海道千歳市美々
千歳線 美々駅
Bibi01.jpg
美々駅 - Wikipedia


南千歳の次新千歳空港の至近に位置するこの美々駅は、1926年に北海道鉄道の駅として誕生しました。
現在は周辺に民家は無く秘境駅としても知られていますが、開業から50年弱は荷物も取り扱う駅で、JR北海道に受け継がれる3年前の国鉄時代までは有人駅だったというので驚きです。
周辺にはゴミ処理場があります。また美々貝塚という史跡もあり、今も昔もゴミを処理する場所だというのは中々面白い逸話です。
新千歳空港がすぐ傍にあるため、航空ファンにも人気の駅だったようです。
電化された秘境駅という意味でも貴重でした。廃止は大変残念です。
アクセスは非常に良いのでもう少し早く訪問しておけばよかったのですが、あいにく廃止が決まってからは一度しか訪問の機会がなく、その日が雨でしたので写りはあまりよくありません。晴れの日の写真は他サイトをご覧下さい。
画像は続きからどうぞ。
スポンサーサイト
[ 2017/02/28 00:00 ] 千歳線 | TB(0) | CM(0)

【画像29枚】(廃)蕨岱駅 | 鉄道駅訪問録 №113

北海道山越郡長万部町字蕨岱
函館本線 蕨岱駅
Warabitai01.jpg
蕨岱駅 - Wikipedia


前回までの廃止から場所は離れ、函館本線長万部以北、通称山線です。
JRを50音に並べて一番最後に来るのがこの蕨岱駅です。
廃止後は、埼玉県の蕨駅にその座を譲ることになります。周辺も都会なので、新駅でもできない限り変わることはないでしょう。
今回廃止される駅の中で最も古く、開業は1904年の北海道鉄道時代です。
秘境駅と呼ばれる駅は仮乗降場や信号場上がりの駅が多いですが、この駅は珍しく最初から一般駅として開業しました。
それから国鉄、JR北海道と2回事業者を変え、ついに駅としての112年の歴史に幕を閉じます。
国鉄時代終盤までは立派な駅舎もあり、駅員も配置されていました。
地域の衰退の厳しさを痛感させられる駅です。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/02/24 00:00 ] 函館本線 | TB(0) | CM(0)

【画像39枚】(廃)桂川駅 | 鉄道駅訪問録 №112

北海道茅部郡森町鷲ノ木町
函館本線 桂川駅
Katsuragawa01.jpg
桂川駅(北海道) - Wikipedia


今回廃止になるの中で、私が最も周辺が栄えていると感じたのがこの桂川駅です。
1944年に信号場として開業し、前回前々回ご紹介した同線東山・姫川と同じく、仮乗降場を経て分割民営化と同時にとなりました。
森町の市街地の西端部にあたり、周辺住宅も現役です。まだ廃止は早いような気もしてなりませんでした。
JRには、京都府に東海道本線の桂川(かつらがわ)駅、福岡県に篠栗線・筑豊本線の桂川(けいせん)駅があり、この3駅は同表記の駅として認識していました。特に篠栗線桂川駅は地元にごく近いので、親近感がわいていただけに廃止は残念です。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/02/21 00:00 ] 函館本線 | TB(0) | CM(0)

【画像27枚】(廃)姫川駅 | 鉄道駅訪問録 №111

北海道茅部郡森町字姫川
函館本線 姫川駅
Himekawa01.jpg
姫川駅 - Wikipedia


前回の東山に続き、今回のダイヤ改正で廃止されるです。
東山よりも歴史は古く、信号場としての開業は1913年です。その為、100年以上の歴史を誇ります。
仮乗降場を経て、駅になったのは同じく分割民営化と同時です。
付近を国道5号が走っており、地図ではそこに小さな集落がありますが、国道から駅に入ることはできない秘境駅です。
立派な駅舎に二面二線。これからも信号場として活躍してくれることを期待しましょう。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/02/17 00:00 ] 函館本線 | TB(0) | CM(0)

【画像29枚】(廃)東山駅 | 鉄道駅訪問録 №110

北海道茅部郡森町字駒ケ岳
函館本線 東山駅
Higashiyama01.jpg
東山駅 - Wikipedia


2016年度ダイヤ改正で廃止されるの中から、まずは函館本線東山駅の紹介です。
東山駅は1943年に東山信号場として開業しました。
その6年後、仮乗降場に昇格し、そこから38年間国鉄時代の最後まで駅には昇格しませんでした。
駅となったのは1987年の分割民営化の時です。駅としての歴史は30年に留まりました。
珍しいのは、国鉄時代はある程度住民がいて、そこから過疎化が進み秘境駅となり廃止に追い込まれた、というよくあるパターンではなく、国鉄時代でさえずっと仮乗降場止まりだったのになぜか分割民営化で駅になった、という秘境駅になるべくしてなったという駅です。30年間も駅であれたことがむしろ奇跡かもしれません。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/02/14 00:00 ] 函館本線 | TB(0) | CM(0)

【3月4日ダイヤ改正】JR北海道内廃止駅まとめ

Kaisei.jpg

一旦更新中の旅行記を中断して、2017年3月4日に廃止される北海道の訪問録を優先することにしました。
惜しまれつつも廃止されてしまう北海道は、東山姫川桂川北豊津蕨岱美々島ノ下稲士別上厚内五十石の計10です。
ここにそのをまとめ、各リンクから訪問録に飛べるようにしておきます。
今まで北海道廃止廃止前に全て撮影するように努力してきましたが、今回はあまりにも数が多すぎて、稲士別・上厚内・五十石の三は撮影することができず、今から廃止日までも撮影のチャンスはありません。
非常に悔しく残念ですが、この三駅はWikipediaへのリンクを張っておきます。
その他は随時更新していき、3月4日のダイヤ改正前には全て書き終えたいと思います。
続きを読む から本記事です。
[ 2017/02/11 00:00 ] その他鉄道情報 | TB(0) | CM(0)

【画像16枚】新得駅 | 鉄道駅訪問録 №109

北海道上川郡新得町本通北1丁目
根室本線/石勝線 新得駅
Shintoku01.jpg
新得駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その④

石勝線の終点であり、根室本線と分岐する交通の要所です。
現在根室本線の富良野方面は不通になっており、バス転換の方針が固まってしまいました。
帯広と旭川をつなぐ重要な路線であるだけに、さすがに廃線はないだろうと余裕をかましていたのですが、まさかの発表。
このに訪問した時が初の乗車であり、最初で最後になってしまうかも知れません…
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/02/10 00:00 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像26枚】(廃)花咲駅 | 鉄道駅訪問録 №108

北海道根室市花咲港
根室本線 花咲駅
Hanasaki01.jpg
花咲駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その④

この花咲駅は、2016年3月26日のダイヤ改正で廃止されました。
開業は1921年8月。当初は木造舎もある、立派なでしたが、開業100年を迎えることなく、廃止されてしまいました。
釧路~根室間は花咲線という愛称がついています。その名は今も健在で、この駅の面影が残ります。
廃止当時は車掌車改造のヨ駅でしたが、多くの人に愛された形跡が濃く残る駅でした。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/02/07 00:00 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像15枚】東根室駅 | 鉄道駅訪問録 №107

北海道根室市光洋町2丁目
根室本線 東根室駅
Higashinemuro01.jpg
東根室駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その④

全国的にも有名な、日本最東端です。
当ブログでは最北端の稚内に続き、二つ目の最端の紹介となります。
終着駅根室を出ると線路は大きくカーブし、そのカーブの途中に駅があるため、この駅が最東端になりました。
周辺は住宅街が広がっていますが、乗降客平均は0人と、いつかは廃止駅候補に入ってしまいそうです。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/02/03 00:00 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)
Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。