FC2ブログ
FX

“駅鉄”の為のサイト

【画像17枚】尺別駅 | 鉄道駅訪問録 №129

北海道釧路市音別町尺別
根室本線 尺別
Shakubetsu01.jpg
尺別駅 - Wikipedia


ダイヤ改正で廃止となる最後のは直別と同じく旧音別町にある尺別です。
元々は北日本鉱業軽便運炭軌道尺別岐線の駅として1920年に開業し、それから10年ほどは貨物のみの取り扱いでした。
旅客駅としての歴史は、周辺の駅よりは短いことになります。
全盛期は尺別鉄道と国鉄との分岐駅としての役割を果たしてきましたが、やはり炭鉱で栄えた町は衰えも著しく、今回廃止となってしまいます。
夜間の訪問でしたので周辺は暗闇となっています。
続きを読む から本記事です。
[ 2019/03/13 21:02 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像18枚】直別駅 | 鉄道駅訪問録 №128

北海道釧路市音別町直別
根室本線 直別
Chokubetsu01.jpg
直別駅 - Wikipedia


今回のダイヤ改正で廃止となる二つ目のは、旧音別町にある直別です。
開業は1907年で、110年を超える歴史のあるです。駅舎は二代目で、10年程前に改築されました。
現在大半の普通列車はこの駅で交換されています。今後も信号場として重要な役割を果たすと思われます。
今回廃止の三駅の中では一番周辺民家も多く、廃止が発表されたときはかなり意外でした。
交換列車が遅れていたため、2時間近くも次の列車を待つよりはそれに乗ろうと急いで撮影しているため若干雑です(汗)
続きを読む から本記事です。
[ 2019/02/23 18:36 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像32枚】初田牛駅 | 鉄道駅訪問録 №127

北海道根室市初田牛
根室本線 初田牛駅
Hattaushi01.jpg
初田牛駅 - Wikipedia


根室本線釧路~根室間、通称花咲線内では2016年3月以来の廃止となります。
初田牛駅花咲線でも屈指の秘境で、当然のごとく定期利用者は皆無です。
開業は1920年11月で、あと一年半程で開業100年という記念すべき節目の年となっていたところを、残念ながら98年の歴史で幕を閉じることとなってしまいました。その半生を無人駅としてこの地を見守ってきました。
昔は運炭で賑わっていたようですが、現在は人家も遠くに数軒しかなく、辺りは自然に還っています。
今回廃止が決まってからの訪問ではなく、単に秘境駅巡りとして2017年秋に訪問しています。
続きを読む から本記事です。
[ 2019/02/16 16:54 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像39枚】(廃)羽帯駅 | 鉄道駅訪問録 №122

北海道上川郡清水町字羽帯
根室本線 羽帯
Haobi00.jpg
羽帯駅 - Wikipedia


お久しぶりです。今回のダイヤ改正で、清水町にある根室本線羽帯は、3月16日を以って廃止となりました。
1958年に仮乗降場時代もなく最初からとして設置され、廃止まで開業以来の無人でした。
周辺も田畑がほとんどで人家も少なく、利用者は1人以下となっていました。
秘境駅としては珍しく、廃止前日には地元の人による出店など、廃止を惜しむ人々で賑わったようです。
私は秘境駅らしい羽帯駅を見るべく、廃止が決まって数か月後であった2017年10月に訪問しています。
画像は続きからどうぞ。
[ 2018/03/18 00:12 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像50枚】(廃)島ノ下駅 | 鉄道駅訪問録 №115

北海道富良野市字島ノ下
根室本線 島ノ下駅
Shimanoshita01.jpg
島ノ下駅 - Wikipedia


図らずして、本日がここまで紹介してきたの最後の日となりました。
明日からは、ついに廃駅となってしまいます。
何とか最後の島ノ下駅を紹介することができました。

島ノ下駅の開業は1913年。大正生まれの駅です。
全く人家の見当たらない秘境駅とは違い、駅周辺には島ノ下の集落が形成されています。
商店こそ廃業しているものも、少しくらい利用者がいてもいいのではと思える場所でした。
無人化は35年前のことで、駅舎も含め、有人駅の面影が色濃く残る駅です。
今回訪問した中では唯一ガチの撮り鉄さんと遭遇しました。(無論自動車での訪問でしたが)
といっても私も往路は中央バスでの訪問だったので、やはりダイヤ的に厳しいのは致し方ありません。
旅行記がないので、バスを降りてからの画像を一記事にまとめたため、過去最大の画像枚数50枚となっています。
ご了承下さい。(笑)
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/03/03 00:00 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像16枚】新得駅 | 鉄道駅訪問録 №109

北海道上川郡新得町本通北1丁目
根室本線/石勝線 新得駅
Shintoku01.jpg
新得駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その④

石勝線の終点であり、根室本線と分岐する交通の要所です。
現在根室本線の富良野方面は不通になっており、バス転換の方針が固まってしまいました。
帯広と旭川をつなぐ重要な路線であるだけに、さすがに廃線はないだろうと余裕をかましていたのですが、まさかの発表。
このに訪問した時が初の乗車であり、最初で最後になってしまうかも知れません…
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/02/10 00:00 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像26枚】(廃)花咲駅 | 鉄道駅訪問録 №108

北海道根室市花咲港
根室本線 花咲駅
Hanasaki01.jpg
花咲駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その④

この花咲駅は、2016年3月26日のダイヤ改正で廃止されました。
開業は1921年8月。当初は木造舎もある、立派なでしたが、開業100年を迎えることなく、廃止されてしまいました。
釧路~根室間は花咲線という愛称がついています。その名は今も健在で、この駅の面影が残ります。
廃止当時は車掌車改造のヨ駅でしたが、多くの人に愛された形跡が濃く残る駅でした。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/02/07 00:00 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像15枚】東根室駅 | 鉄道駅訪問録 №107

北海道根室市光洋町2丁目
根室本線 東根室駅
Higashinemuro01.jpg
東根室駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その④

全国的にも有名な、日本最東端です。
当ブログでは最北端の稚内に続き、二つ目の最端の紹介となります。
終着駅根室を出ると線路は大きくカーブし、そのカーブの途中に駅があるため、この駅が最東端になりました。
周辺は住宅街が広がっていますが、乗降客平均は0人と、いつかは廃止駅候補に入ってしまいそうです。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/02/03 00:00 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像15枚】根室駅 | 鉄道駅訪問録 №106

北海道根室市光和町2丁目
根室本線 根室駅
Nemuro01.jpg
根室駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その④

路線名にもなっている根室本線の終点であり、日本最東端の有人です。
レンタカーやキヨスクなどもなくなり、昔に比べれば段々と寂しくなっているですが、現在も一日300人弱の乗降客の利用があります。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/01/27 00:00 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像12枚】厚岸駅 | 鉄道駅訪問録 №105

北海道厚岸郡厚岸町宮園1丁目
根室本線 厚岸駅
Akkeshi01.jpg
厚岸駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その④

牡蠣で有名な厚岸町の中心です。
厚岸湾と厚岸湖に挟まれた位置にあります。
快速はなさきと快速ノサップの停車です。
行き違い停車中の撮影の為画像はありません。
続きからどうぞ。
[ 2017/01/20 00:00 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)

【画像16枚】釧路駅 | 鉄道駅訪問録 №104

北海道釧路市北大通14丁目
根室本線 釧路駅
Kushiro01.jpg
釧路駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その③

言わずと知れた、道東の中核都市釧路の中心です。
札幌とを結ぶ特急スーパーおおぞら、網走とを結ぶ快速しれとこ、根室とを結ぶ快速ノサップ・はなさきと、主要な速達列車の発着となっており、道東で最も活気のあると言っても過言ではありません。
駅自体の開業は1901年ですが、現在の場所に移転したのは1917年12月です。
その為、今年2017年の12月で現在の釧路駅が開業して100年という記念の年になります。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/01/13 00:00 ] 根室本線 | TB(0) | CM(0)
Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ