FC2ブログ
FX

“駅鉄”の為のサイト

【画像27枚】(廃)沼ノ沢駅 | 鉄道駅訪問録 №130

北海道夕張市沼ノ沢
石勝線 沼ノ沢
Numanosawa01.jpg
沼ノ沢駅 - Wikipedia


夕張支線廃止前に記事を書こうかと思っていましたが、ちょうど2019/3/31に廃止となってすぐの更新となりました。
夕張支線最終日には、例の如く大変な人混みとなり、多くの鉄道ファン・地元住民に最後の姿を見届けられました。
さて、夕張支線では最も新夕張側に位置する沼ノ沢は、1905年に北海道炭礦鉄道の貨物として開業し、その後国鉄に移管後旅客扱いもするようになり今に至ります。
旅客としての歴史で考えても110年弱の長い歴史のある駅です。
北海道炭礦汽船真谷地炭鉱専用鉄道の分岐駅として真谷地までの線路が伸びていた為、その名残である構内跡を見ることができます。
2017年11月の訪問です。続きを読む から本記事です。
[ 2019/04/01 01:47 ] 石勝線 | TB(0) | CM(0)

【画像11枚】(廃)十三里駅 | 鉄道駅訪問録 №103

北海道夕張市紅葉山
石勝線 十三里駅
Tomisato01.jpg
十三里駅(十三里信号場) - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その③

三川国道と道東自動車道に挟まれた十三里駅は、2016年3月のダイヤ改正により廃止されました。
国道に面し、その南側には田畑が広がり、農家などが数件ある程度です。
農業には車が必要ですから、利用客は皆無だったようです。
不本意ながら、往復タクシーでの訪問となりました。
画像は続きからどうぞ。
[ 2017/01/06 00:00 ] 石勝線 | TB(0) | CM(0)

【画像20枚】新夕張駅 | 鉄道駅訪問録 №102

北海道夕張市紅葉山
石勝線 新夕張駅
Shinyubari01.jpg
新夕張駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒第二次北海道旅行記 その③

新年最初の訪問録は、新夕張駅のご紹介です。
1892年に北海道炭礦鉄道として設置されました。
当時の名はここの地名から紅葉山でした。
国有化は約100年前の1906年で、新夕張駅に改称されたのは1981年です。
100年を超える歴史をもつこの駅ですが、現在は夕張支線の起点駅としても機能しています。
しかしその夕張支線は、2019年3月をもって廃止されることが決まりました。
炭鉱時代の栄華虚しく衰退してゆく夕張。皆さんも葬式鉄が殺到しないうちに一度は訪問してみて下さいね。
[ 2017/01/04 22:22 ] 石勝線 | TB(0) | CM(0)

【画像41枚】トマム駅 | 鉄道駅訪問録 №73

北海道勇払郡占冠村字中苫鵡
石勝線 トマム駅
Tomamu01.jpg
トマム駅 - Wikipedia


こちらの記事を先にご覧下さい⇒北海道旅行記 ⑥

このは日本でも有数のカタカナ地名のです。JRでは他にニセコ、マキノ駅があります。
また石勝線の新夕張~新得間(途中駅は占冠とトマムのみ)は普通列車が走っておらず、特例でこの区間のみであれば乗車券のみで特急列車に乗車できるという、数少ない区間でもあります。
トマムの中心地からは離れており、付近にある星野リゾートトマムへのアクセスがメインとなっています。
画像は続きからどうぞ。
[ 2016/01/08 00:00 ] 石勝線 | TB(0) | CM(0)
Gendama
鉄道駅訪問録の記事を地図から探す
カテゴリ